ぬこぬこアンテナ
タグ:保護ネコ
タグ一覧の表示
0tweets
4月に入って気候も良くなり 
たまちゃんこの頃は絶好調になってきていました
もちろん 譲渡するつもりのネコでした

4月6日

ネコらしい動きを見せる

ドヤ顔

自信満々


4月7日



4月はたまちゃんの笑顔が最高に輝いている月でした


4月13日 体調が落ち着いたせいか 換毛が始まってきました


ボサボサしています


この頃から掃除をしていると覗きに来てくれたり

抱かせてくれるようになりました

仲良し度 UP

めっちゃかわいい おばあにゃんでした


告白してしまいますが・・・
この頃から うちのコにしたくてたまりませんでした(^_^;)

でも甘えっ子度数がどんどん高くなってくるたまちゃん
多頭の我が家よりもっと濃厚に過ごしてくれる家族があるはず
そう思っていました

だいいち預かりボランティアが気に入ったコを全てうちのコにしていたら
破滅はすぐそこに迫ってくることになりますから(^_^;)

障害があっても高齢でも うちよりも幸せなお家があるなら
送り出すのが幸せにするということと思っています



にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ




続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
たまつん 天空の新居の住心地はどうかな・・・

もしかして仙台のばあちゃんばっかり見下ろしてるかな・・・

たまつん たまつんには残念なお知らせだけど
集中治療室にまで入った仙台のばあちゃんね
元気になってまだまだお空に行きそうもないんだって

だからそんなに早く行かなくていいよって言ったのに

もうちょっとそこで待っててあげなね
天空の時間は一瞬だっていうからさ
そんなに寂しくないと思うよ

東京のばあちゃんも 
おせっかいなおばちゃんだったワタシもいつか会いに行くと思うから
ほんの少しはスリスリしに来てね

天空へのお引越しの前日 
ネッシンから帰宅後
いつもいる2階ではなく 1階の廊下に陣取ったたまちゃん


2階へは行かないと頑張ってるし
暑かったのでワタシも廊下に寝転がって一緒に昼寝


気がついたら 隣りにいたたまちゃん移動して
母と話してた


内容は書くと泣くから書きません
内緒の話にしておきます


食べ物は何も受け付けず
母があげた最後まで食べていたおやつも食べなかった


たまちゃんが自力で食べたのは
5日前に母があげたじゃがいも入りご飯でした


母が少し離れると目で追っていて
少しずつ母の方に移動して近づいて

妬いてしまうぐらい
ずっと母を見ていたたまちゃん


この日の夜は 廊下にたまちゃん 
ワタシは部屋の入口に薄っぺらい長座布団を敷いて



たまちゃんの徐々に冷えてくる体に触れながら
その時を一緒に待っていました


不思議と悲しくはありませんでした


翌朝 たまちゃんは頭を持ち上げていました
これが最後の写真

その日はクーラーの取付があって
たまちゃんの事も気にしながら
色々気をめぐらしながら隣りにいたのですが

たまちゃんの魂が体から抜けていったのに
全く気が付きませんでした

眠るようにといいますが
本当に寝たままでした

3月21日に来た時から ちょうど5ヶ月
低体重 食欲不振 吐き戻し 
ずっと病院に通い続け 検査に次ぐ検査で
体調を整えてあげることはできませんでした

そして たった1週間のうちのコでした


たまつん たまつん 
きっと一目散に仙台に帰っていったよね

我が家は寂しくなったよ

 

(8月13日撮影)


(8月16日 撮影)

一番好きな写真


買ったばかりのワタシのバッグにもたれて
廊下で爆睡するワタシを眺めていた たまちゃん
(視線に気がついてふと 目がさめた)

クールな顔で・・・なんと! おしっこしてた~
知らずに撮ってたワタシ 後でもう大爆笑でしたよっ

たまちゃんの名誉のために付け加えるとしたら
たまちゃんトイレ以外でしてしまうようになったのは
なくなる3日前ぐらいから

それまでは一度も粗相したこともなく
健気によろよろしながらトイレに行っていたので
たまちゃん用の入りやすいトイレを買ったのでした

たまつん!  あなたは最高の素敵な家族だったよ!
うちに来てくれてありがとう

家族になってくれてありがとう

もう
仙台のおばあちゃんちのこに戻っていいよ
今まで本当にありがとね


にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ



続きを読む

[文章を閉じる]

スポンサード リンク
0tweets
保護猫を引き受けるときには
たった一つのことを目指しています

苗字のない 保護猫から

家族の証としての苗字をつけてもらえるように

どんな状態のネコでも
これが目標です

たまちゃんにも苗字をあげたい

現実問題として
今のたまちゃんを受けてくれる方はいないでしょう

だから
たまちゃんに ワタシ達の苗字をあげたいと思います

もしかしたら
最後のプレゼントになるかもしれません

たまちゃんは 虹色のしっぽのたまちゃんから

〇〇 たま音(たまお)になりました

一番年上の末っ子


たまつん、たまつん
苗字つけちゃったからね

神様の飼い猫にはなれないよ

うちのコだからね

勝手によそんちのコにはなれないんだからね


家族はここにいるよ


たまつん


たまつん


おうちはここだよ


たまつん みんな応援してくれてるよ 
どこにも行かないで


にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ



うちのコ宣言しているのにお願いごとで申し訳有りません

たまちゃんにスーパーワイドのペットシーツ(厚手)を大量に使うようになってしまいました

またフードも現在強制給餌のみの受付なので
パウダータイプの高栄養フードが必要です

アマゾンのリストに載せさせていただきました
ポイントを使って もっと安いのがあった
などという場合は住所をお知らせいたしますので
コメントを頂ければと思います

アマゾン リスト → ここをクリック






続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
一つ前の記事のトライアルに行っただんご

先日大阪までお届けに行きましたが
トライアル中止で戻ってきています

ある程度の内容はツイッター先行で出していますが
文字数に制限があるツイッターでは
正しい報告ができませんので

久しぶりのブログなのに
気の重い記事での再開をいたします

長いので興味のない人はそっとお戻りください



だんごは今年2月22日に 福猫舎から引き出してきた22匹のうちの1匹です
後肢が1本しかなくハンデ猫の譲渡に長けているという理由で
我が家で預かることになりました


このような状況にいたため
皮膚の状況も良くなくて赤みがいつまでも引かなかったりしてました

里親希望のOさんから連絡があったのは
3月7日 
譲渡の話はゆっくりと進んで

4月の頭に搬送になっていたのですがワタシのぎっくり腰などで
お渡しが伸び伸び伸び
その間に怪しかった皮膚がどうやら真菌ではないの?って感じになって
そのことを報告

最初は 隔離部屋があるので
病院にもかけて面倒をみますとのことでしたが
ご主人が先住猫と合わせられないならトライアルの意味がないから
とのことで再延期

この時にワタシから
受け渡しまでの期間に真菌についてよく検索して調べるように促しています

そして引き渡しまでの間治療して 連休明けの譲渡目指して
治療も続けて 剥げていたところに毛も生えてきて
真菌の症状とも言えるダメージを受けている部分もなくなり
じっくりウッド灯で確認してもらって
光っているところがないので(真菌は光ります)
5月8日(水)の搬送となりました
(ウッド灯での検査は培養ではないのであくまでも目で見ての判断です)

この間のやり取りで 
交通費 譲渡費用で高額になること
トライアルで譲渡契約が結ばれない場合は引き取りには
再度交通費がかかることを説明

メールにて承諾も得ています

また
譲渡前に皮膚の状態も説明しています

真菌を検索してもしも先住猫に伝染るのでは?という懸念があれば
この段階で断ることもできましたし

その後 自宅まで搬送した際に実際の身体の状態を見てもらって
説明もした上で 首元の毛が生えてはいるけれど
真菌で剥げた場所への念の為の抗真菌薬と 
おなかの赤剥けになってなかなか治らないところへの塗り薬も渡しています

ここで真菌は完治したとの説明はしていません

余談ですが
真菌は収まった、という表現はしても完治しましたという獣医師は
いないのでは?? というのは獣医師と、真菌経験者のボラたちの声です(汗)

ここまでを簡単にまとめますと

譲渡の際に交通費が高いので譲渡金と合わせて高額になること
トライアル失敗時には引き取りに行く交通費もかかると伝え
確認し 合意のメールを貰っている

真菌にかかったという報告をしている
ウッド灯での検査では陰性との診断を伝えている
完治という言葉を使ってはいないが
皮膚の症状からカビ自体は見られていないとは伝えている
引渡し時に 抗真菌薬を渡している

この状況でだんごをトライアルに置いていきました

3日後 Oさんより
病院でウッド灯でかなりの反応が出た
耳が一番ひどい 脇腹にもある
検便でコクシジウムと回虫が出た
隔離する部屋もないので引き取って欲しい
との連絡が来ました

(ただし事前連絡では隔離の部屋はあるとの説明を受けています)

この時点では先住猫のこともあるだろうし
はじめての真菌でかなりのダメージを受けていると思うし
ワタシ自身だんごを引き取ることになんの問題もなかったので
少しでも早くに引き取れるようにと準備をしたいと思いましたが

その日の朝に 死んでもおかしくない状況の極小の未熟児猫が来ており
ワタシ自身は動けない

そこでトリマーの友人に急所搬送依頼をするとふたつ返事でOK
だんごが来たときからずっとケアもしてくれている人なので安心と思っていましたが

なんとOさん
トリマーさんは知らない人なので
預かった猫を荷物のように渡すのはあまりにも乱暴ではないかと (゜o゜; 

その後の何回かのやり取りでも埒が明かず
結局引き渡しの際にたまたま同行してくれていた友人が仕事の都合をつけて
O家に出向いて引き取り 新大阪までの搬送をしてくれ
そこから我が家までトリマーの友人が搬送してくれて
なんとか最短での引取ができました

帰宅しただんごをすぐにトリマーさんと二人で検証
どうみても皮膚の状態は良いので
翌日 今までかかっていた病院とは別のかかりつけ病院と
さらにもう1件の病院で 獣医師等 4名の方に
ウッド灯で隅から隅まで見てもらいました
(隠蔽など言いがかりをつけられないように)

その検査をしてもらった結果

ウッド灯での検査の結果真菌陰性
検便結果コクシジウムみられず 回虫みられず
ただし 鉤虫卵のみが見つかりました

こちらに来た時に検便はしていますし念の為の駆虫もしています


ここで間違ってほしくないのですが
トライアル失敗についてはなんの文句もないのです
相手の気持を考えて翌日無理してでも引き取りに行けたし
だんごは無事に帰ってきたのでそれで良いのです

では何が問題か

トライアルに際して 負担の約束をしてもらっている交通費を
全く支払う気がないということです

引き取りに行った夜までは

真菌の猫を連れてきたのだから
引き取りに来て当たり前(交通費の負担はそっちがするべき)

なんなら真菌が完治しているという診断書を出せと
(このご時世 動物病院の口コミサイトなどもあるのに
安易に動物病院の名前なんか教えられないとの判断で
引き渡し前の病院名は教えませんでした)

診断書が出せないのは
ワタシが病院に連れて行っていないからで
あくまでも自分(ワタシの)の非は認めず
挙げ句被害者妄想
本当に治療してもらっているのか
こちらも不安で猫を返したくない

とまで書いてよこしていたのに
翌朝の検査結果を送ったらだんまり

もう ここまでのやり取りの段階で
仲間内みんな異様さと言いしれぬ恐怖感さえ湧いていて

終着点を だんごを無事に取り返せたということにしようと
諦めることにしました

だって 友人が連れにいったとき
隔離されている部屋からだんごを連れてきたその方は
割烹着(のようなもの?)に頭まですっぽり覆って
まるでICUにいる人のようだったとの報告

もうそれを聞いてワタシ泣けました

だんごはずっとバイキン扱いで
なんだったらバイオテロでも仕掛けられたように思われていたのかと

返してもらえただけでよかったとしようと・・・

戻してもらった翌日のだんごの皮膚の状態





我が家では隔離もせず 抱っこも普通にします
もちろん洋服も特殊なものではありません


汚いのですが うん○です

引き取り当日


駆虫薬投与後



本来だったらトライアルでうまく行かずに戻ってきても何も問題はなかったのです
逐一報告することもなかった

トライアルがうまく行かず戻ってきましたで済んだ話です

ただ
引き出しから譲渡までの医療費の請求もしてないのに
医療をかけていないのでは?行った証明に診断書を出せとか

実際にかかっている分以下の交通費の請求にも応えることなく
翌日の診断結果を報告しても何も言うこともなく
なかったことにされましたので
今後保護猫の譲渡に関わる人にもこのような例を知ってもらうためにも
ご報告をさせていただきました


領収書のある分はJRのみ
私鉄分はもともと請求していません

交通費はマメK個人の負担となります
(一部返さなくていいとの記載有りで以前に送金されていた寄付金があったので
それを補填していますが足りません)


保護猫は酷い状況下の保護などで人目を引く場合があります
でもこの可哀想な猫を救う自分に満足する為に引き取るのはやめてほしいです

今検索で何でもわかります

今回も何も隠さずに伝えています

先住猫が大切ならただ指を動かし検索するだけ
もしくはかかりつけの病院に相談すればこのようなことは起きなかったのです

新しい猫を迎えようと思ったら
それが保護猫だったらよけい
迎えたその日から先住猫と同じ愛情を与えて欲しい
先住猫が大切ならリスクを考えた上で迎えて欲しい
それができないのなら最初から手を挙げないで欲しい

でも保護している側の人達は そんなリスクは
ごく当たり前のこととして受け止めていますよ

それも知ってほしいです



だんごの未来の為にポチッと応援を


にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ



*真菌については獣医師によっても言い方は変わります
 濃密な接触をしなければ大丈夫
 元気で免疫力があるコは滅多にうつらない
 皮膚に毛が生えてきて かびている部分がなければ大丈夫

 でも元々どこにでもある菌だから
 完治とは言い切れないし ある日突然再発
 もしくは人が持ち込んだりして発症することもある

 症例をたくさん見ている先生ほどこういった言い方をされるような気がします
 個人的見解です
 


続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
ちょっといいことがあった日に
いただき物のアワビなんか解凍

ワタシ いただかない限り食べられない高級食材にワクワク

どうせくれない・・・とわかっているすぅさん


あ・・・


目やに付いてるよ・・・
いくつになってもおちゃめなすぅさん


なんてやり取りをテーブル挟んでしているうちに
今まで爆睡していたシマシマがちゃっかり着席


高級食材を守るためカメラを持ちつつ身構えるワタシ

ああ~アワビに向かうミクロ
いつでも静止できるわ!


あら?
最近覚えた匂いを嗅ぐという行為


あらあら??
どーいうことかしら

じゃあ にんじんスティックでも食べる?


そう ミクロの大好きなにんじん


えええええええええええ(・。・)!!
どうしたのミクロさん??

この日は何も食べずにまた寝床にまで戻りました・・・

ミクロは乳飲み子で家に来てからほぼ毎週1回以上は
獣医師に診てもらっています

そのときに異食とも思われる食べ方や
ありえない食い意地(満腹中枢の異常?)
に関しても話して(相談して)いるのですが

かかりつけ獣医師が言うんです

「ミクロちゃんがココまで生きていられるのは
 この異常なる食欲のおかげだと思います」って
 
 
人間もそうですが それよりももっと野生に近いネコ
身体が欲しているものがわかるのだそうでして

人間が疲れた時に甘いものが自然と欲しくなるのと同じで
その時必要なものを欲している

ネコには必要のない食べ物かもしれないけれど
その中に含まれるある一部の成分を欲しているのであろうと

そんな説明を受けたことがあります

その時に話していた食べ物(多分野菜)が何で
成分は何だったかは忘れましたが

ああ・・そうなんだな・・・と納得したことを覚えています

きゅうりや生人参、生大根は食べなくなってきたミクロ
そのへんの成分はもうたりているのかな・・・

もしくは自分で作り出せるようになったのかな・・・

ある意味生命の神秘ですね

今日も夕食時ちらっと見に来ただけで
ダメよって言われただけで
また寝に戻っていきました

勿論躾けたわけじゃありません(^_^;)

思えば少し前まで急激に育っていたのです
胴が縦のみの方向に育ってた(==;)

その間は育ち盛りのコが食べても食べても
まだ腹減ったと言っているように

ミクロもなんかわからないけど身体から
食べて食べて食べまくれのサインが出ていたのかもしれません

離乳期から いつ死ぬか・・・と言われて
とりあえず食べるものなら毒物以外何でも食べさせていいという
ゆる~い食生活を過ごさせてきました

よく頭も上がらずぐったりしてしまうことがあったので
キャットフード食べなくても
ツナサンド(玉ねぎなし)でもキャベツでも
とにかく胃袋にモノが入ればいいと思って育てました

不思議と吐くのはドライフードで
それ以外のものは決して吐かなかった・・・なんでだぁ??

本当にこのところようやく
朝起きたら死んでいるのでは?
という不安なく過ごせるようになってきて

そうしたらこのように
食に対する問題が減ってきました

ココ数日で急に 
普通のネコに近づいている気がします

\(^o^)/

ところで・・・食いしん坊ぶりはミクロより音芽のほうがすごいです
マヨネーズのチューブに穴を開けたのも音芽ですし
黒酢あんのパウチ食い破ったのも音芽です


そしてこいつは学習しない・・・

ワタシもついつい置きっぱなしにしてしまうので
堂々巡りの戦いを続けています

はぁ 実はミクロなんか可愛い方だったりします


使ったものはすぐに片付けるって
今更ネコに躾けられているワタシ(;´д`)とほほ

ポチッと応援が心の支え

にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ


続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
ミクロ もうすぐ生後5ヶ月 
きら 3ヶ月過ぎ

お互い いい遊び相手ではあるけれど


最初は対等に遊んでいても
約2ヶ月の差があるので
体格は変わらなくとも やることが結構こすいミクロ


しばらくすると
月齢の小さなきらちゃんが悲鳴を上げ

レフェリーストップとなります

ミクロ!


小さい子と遊ぶときには加減をするように
きらちゃん 目も見えてないんだし


悲鳴をあげるまで噛みつかない
声が上がったらすぐに離す!


などの説教をしますが


説教聞いているうちに


仮母の説教にだんだんムカついてきて


報復的行動に走るのは・・・ヒトもネコも同じらしい


ただ最近 目以外は元気な子猫のきらちゃん
すくすく すくすく 育ってきていて


ミクロがやられることもあるようになってきて


絶対 今 捨てぜりふを吐いてるよねって顔することが
よくあるようになりました(^0^;)

ミクロのほうが性格何倍もきついです
きらちゃんは穏やかな性格の子で
よくターゲットにされていましたが

最近は力では負けないようになってきて

押さえつけられたミクロが
文句言いながら逃げ出すこともしばし・・・

見ていて本当に飽きません

頑張れミクロ 頑張れきらちゃん
2匹にポチッと応援をお願いします

にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ



続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
昨年末より 未熟児猫のミクロが体調を崩し
一旦は復活して一安心と思ったものの数日で今度は高熱を出し 
一時は死すら覚悟しました

様子は随時ツイッターの方でお知らせしてきましたが
自分のための備忘録として
いつか本当の家族の方にミクロをお預けする時に
一緒に渡せるように記録として
ブログにも上げたいと思います

写真はツイッターに載せていますので少なめで(^_^;)

ツイッターの見方がわからないとのご意見がありましたが
画面右側 Twitter記事をクリックしてもらえると
見ることができます
そのまま写真も動画も見られるはずです・・・



こんな感じに見られると思います


12月27日

ミクロ絶好調で ホープと玩具の取り合いをしていました



ミクロ最初の異変

12月28日 

離れて住む息子が彼女と一緒に帰宅(訪問?)

食卓は我が家にしては珍しく食べ物にあふれて 
いつもなら手がつけられない騒動になるのに
他のネコ達と一緒にベッドで寝てる

おかしい

普段を知らない息子は
「別に歩いてるし元気じゃん!!」
と言うが

普段を見ている夫も母もおかしい・・・と

その日は昼間では普通にガツガツ食べてた
夜は全くカリカリに口をつけず

ただ昼間に他のネコのお皿にも顔突っ込んで
横取りをしていたし
犬のジャーキーもとろいあおいから奪っていっていたので
さほど心配はせず


12月29日 

相変わらず食べない 
水はよく飲むけれど固形物は食べない

昼間に少しだけ子猫用のミルクを飲む

手に乗せると力なくぐったりしたまま


とにかく寝ている
呼んでも起きない

おやつの袋の音をさせても
匂いを嗅がせても目すら開けずに寝ている

前々から調子が悪くなるときには低気圧のときが多かったので
気圧のせい? 

左右の目の開き方が違う
呼んでも視線が合わない

夜から吐き始め 一晩中寝ては吐き寝ては吐きの繰り返し
明け方吐き気止を飲ませる

吐くか横になっているしかできない


12月30日

吐き気止が効いたのかお昼前にようやくちゅ~るだけ口にする

飲水量が多くなり(もともと多飲気味なのに更に)
飲んでは吐き飲んでは吐き

呼べば視線は合うようになり 座ることができるようになる


寝ている時に片目を閉じない
開いている目は瞬膜で覆われている状態


12月31日

吐き気が止まってくる

目の開き方不均等は右だったり左だったり

食欲は戻らず 匂いの強いモノ(ウェットフード)は少しだけ口にする

痩せてきて背骨と胸骨?がとんがってきた


夜から全く食べ物を受け付けないので経口給餌

口に入れられたものは時間がかかるけれど飲み込む
スプーン3口ぐらいでもう食べない
(退院サポート)

食べた後吐くので20分かけて食べさせて40分縦抱き抱っこ
2時間寝かせて また食べさせて縦抱き・・・を繰り返す

吐き気に加えて下痢

水は自分でよく飲むけれど飲んで3分以内にマーライオン(TдT)


1月1日

吐き気は薬で抑えられている様子
食欲ゼロ

退院サポートを受け付けなくなったのでカタスパンに切り替え


JINも加える

下痢は茶色から未消化の白色便に

嘔吐は血混ざり


体重1,16キープ

むくみ 腹水の感じはなし

夜になって 爪とぎと毛づくろいを3日ぶりにする

目のびっこが減ってくる

熱鍼の獣医師A先生気功を送ってくださる


1月2日

朝起きて焼きカツオを小指分ぐらい食べる
薬を飲まなくても吐かない

その後5時間寝っぱなし

下痢も止まっている(便なし)

退院サポートをシリンジで食べ始める

多飲は相変わらず

夜になって ちゅ~るを食べ始める


昨日に引き続き 熱鍼の獣医師A先生気功を送ってくださる


1月3日

食欲戻り 吐き気なし 
久しぶりに肩に乗ってくる

夜中 少し軟便


この時はかなり調子が上向きで 
このまま本調子に戻っていくと思っていましたが
また調子が悪くなっていきます


ミクロ2度目の異変


1月4日

報告も兼ねて東洋医学研究所 永山アニマルクリニックに熱鍼に行くが
自宅から20分 バスに乗る寸前にゆるゆるの軟便
よりによってキャリーより密着したほうが安心するのでは?との判断で
スリングタイプだったので かなり被害増大(TOT)

2019年1回目の通院 運のいい手で行くことに

ミクロは病院で洗わせてもらう

ちなみに前回もまみれて到着して病院で洗わせてもらってる

熱鍼後は体がだるくなるというが
帰宅後は軽く食べてひたすら睡眠



1月5日

食欲あまりなし

とにかくひたすら寝てる

吐き気 排泄の異常なし


1月6日

朝8時前にトイレに行っておしっこをして
その後カリカリ10粒ぐらいしか食べずにまた寝始め
15時間ほど寝っぱなし

気圧の問題なら18時過ぎに起こして食べさせてみてという
熱鍼のA先生のアドバイス通りに18時半に上げたら少し食べた

食後またすぐ寝て夜はドライは食べず
ちゅ~るは一口

経口給餌


遅くに帰宅後の夫がミクロの顔つきがおかしいと


そしてその後2時間ほど経った時に呼んでも
頭持ち上げるのがやっとのレベル

吐き気 排泄の異常なし
あんなに飲んでいた水は一切飲まない


1月7日

14時間ぶりのおしっこは黄土色
(これは想定内)
友人が車で病院送迎をしてくれると言うので
毛布に包んで病院に(東洋医学研究所 永山アニマルクリニック )

ワタシも友人も抱っこしたりしていても気が付かなかったのに
A先生 「熱ありますね」って
検温したら40度ぐらいだった

耳や頭 肉球などあまり熱くならないタイプの子らしく
熱があってもわかりにくいかもと説明を受ける

抗生剤を飲ませて補液してもらって帰宅

アドバイスのあった生肉(馬肉)と体温計をAmazonと楽天でポチる
選んでいる余裕なしで 馬肉は依然頼んだことのあるところで
体温計は先生に確認とって(何から何までお世話になりっぱなし)

夜の便は異常なし おしっこも異常なし


しばらく寝てから触るとかなり熱い
病院に連れて行ったときよりも確実に熱が上がっていそう


流都瑠がしっかりボディーガードして離れない
どんどん熱くなってくる身体

このまま死んでしまう?? と一瞬そんな考えがよぎるほど

水分は自分では飲まないけれど
水素水シリンジで上げると飲むので多めに飲ませる
トイレはふらつきながらの自力で行ける


1月8日

午前中 K動物病院に
元気はないけど熱は少し下がってた

体重1,165キロ
max 1,2キロだったのでほぼ経口給餌だけでも
あまり減ってなくてホッとする
脱水もなし

この2点は褒められた(^o^)

診察結果
可能性としてFIPも考えられるけれど
そうでない可能性のほうが高い・・・

これは熱鍼のA先生もそう言っている

離乳時200グラムなかったことを考えると
普通じゃなくて当たり前のミクロの体

ステロイドは使いたくないと言ったら
単なる解熱剤を処方してくれた

話しの出た血液検査も体調が悪い今しなくてもいいと言ってもらえた

帰宅後 鮪の刺身(血合いが売っていなかったのでなるべく赤いところ)
あげたらうなりながら完食

その後少し寝て今度は馬刺し完食

この時から自力で食べるように

夜になってまた体がかなり熱くなってきたけど
夜食はみんなと一緒にカリカリを少し食べた

食欲が戻っているので
復活しつつあると信じたい

下痢なし 吐き気なし 食欲あり

 
1月9日 

食欲はかなり戻ってきて食べて寝るの繰り返し
いたずらもないし
肩にも登らないし
うん、このあたりで回復ってことにしてもらえないかな・・・とか思ってしまう

でもきっとまだ不調なんだろうなぁ

戻ればいたずらで どこにでも潜り込み
何でも食べ 食事の時は隣の部屋で悲鳴を上げる
そんなミクロになるんだろうけど

それでもやっぱりもとに戻って欲しい


年末28日から始まったミクロの体調不良ですが
一旦完全回復?と思った2日後からまた不調

1回目と2回目の病状も違っていて
病院でも首を傾げられてばかり

ミクロ4ヶ月ですが体格的には極小を言うほど小さくはないと思います
ただガリガリで背骨も腰骨も骨と皮

食べても食べても身につかない

ミクロが来た翌日から診てくれている熱鍼のA先生

ミクロは全てにおいて普通じゃないといつも言うのですが

じゃあ普通じゃない子を普通に育てるのはどうすれば??
と悩みます

今回年末からずっとA先生には
しつこくLINEでミクロの相談をさせてもらいました

今何をするべきか 病院に連れて行くべきか家で見ていたほうがいいか
先生自身お風邪をひいていたのに申し訳なかったですが
本当に心強かった

先生ありがとうございます

ついで・・・と言ってはなんですが

先日むっくんの尿検査もしてきました

むっくんうちに来た頃 慢性の膀胱炎と言われ
一生抗生剤を飲ませ続けるようになる
抗生剤が切れたらすぐに膀胱炎が再発すると他の病院で言われていたのですが
ずっと抗生剤飲ませたくないんですとA先生に相談

最初の頃は週2回
その後は
間隔をあけても熱鍼に通っていました


昨日尿検査をしたのですが全く問題ないという結果がでて
療法食の必要もありませんと言われました!!

抗生剤は3ヶ月以上飲ませていません

もう通院もお薬の心配もない!

よかった~ 本当に良かった

ここまで来たら安心して新しいお家探しができます


年明けからずっと気持ちがついていけない日が続いていました
ちょうどPCも壊れて入れ替えもしていたのでブログが滞っていました

年末にお預かりしたノエルくんへの寄付金の集計もできず
(お金関係は一人ではせずに必ず第三者の方にも確認をお願いしています)
色々遅くなっていましたがようやく落ち着いてきたので
するべきことを進めていこうと思います

年末からジェットコースターのように上がったり急速落下したりしていた心
辛かったですが きっとミクロを手放す時に
あんなこともこんな事もあったけど・・・って
笑えるはず!


オマケ

生きているのはこの食欲のおかげ





頑張ってるご褒美にポチポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村

も一つクリック~


ペット(猫)
ブログランキングへ


続きを読む

[文章を閉じる]

スポンサード リンク
0tweets
歩夢

ショートステイ無事終了
どうだった?




・・・・これは何も考えてない顔だな

置いてくる時にも探検に忙しく無視されたので
一応声をかけたら




とりあえず来てお見送りしてくれたけど

「じゃあね~おばちゃんは帰るからね」




寂しそうな気配全くなし




来る途中よくよく言って聞かせたのがちゃんとわかったのか
よほど魅力的なお家だったのか
歩夢は新しいお家にすぐに馴染みそうです

次回お泊りにチャレンジです

歩夢の問題で細切れ挑戦ではなくて
飼い主さんが圧迫排泄に自信を持って
これなら大丈夫となるまで
ゆっくりトライアルです

その間に仲良くとは言わないけど
居ても大丈夫なぐらいに
先住さん達がなってくれると良いなぁ


サラダとネコ

歩夢は小さい頃から野菜が好き

うん○もお腹を圧迫して出しているので
硬い便秘うん○は大敵!!

野菜を摂ることでちょうどいいぐらいのうん○の硬さに

野菜は便秘に良いってほんとよねっ

(獣医さんには確認済)

人間はスーパーの野菜だけど
一応うちのコじゃない歩夢になにかあったら大変なので
無農薬野菜を買ってね
千切りにして辛い大根は嫌がるので
青首の甘い方だけ水にさらして




小さなどんぶりいっぱいぐらいが適量

足元で待ちきれない




早く早くと急かしてくる~




想像しただけで美味しい顔になっちゃう




おまたせ!




でね

最近あまりにも歩夢が美味しそうに食べるもんだから
歩夢と仲良しのおとめが




すっかりサラダ好きに(・・;)

他のコ達もあまりにも2匹が美味しそうに食べるもんだから

覗きには来るんだけど




すっごい期待はずれ感満載の青葉




ポルトは何故か倒れる




ちっとはフリーにしている時には
あまり食べ物には興味が無いのでスルー




意外に思うかもしれないけど
ヨン様も撫でてもらうのに忙しくて食べ物には
(キャットフードだけは別で食いついてたけど)
そんな興味なしだったなぁ(´。`)

イヌ達は近づいたらワタシに叱られるから
お利口さんに順番待ち




もうあとちょっとのところで
イヌ達にOKしたら




歩夢が笑える顔で怒ってた(^凹^)




もうないよ~

って見せたら隅っこにくっついていたのを見つけたおとめが
しっかり最後まで食べてくれてお皿ピカピカ

ところで
最後まで横で見ていた元祖食いしん坊




ネコらしく野菜には興味なし!


嬉しい!

Amazonのギフトカードが届いています
これって
モノと違ってギフトカードなので
メッセージを入れられるんですね

皆様からの温かなメッセージが
嬉しくて

母と一緒にありがたいねと読ませてもらいました

そして母に

「今までずっと同じことをきちんとやっていたからだよ
頑張っている姿をみんなに認めてもらっているんだよ」って

褒めてもらいました

この年になっても母に褒められるのは嬉しいものです

お母さん
もっと長生きして
ずっと褒めて(*^.^*)

褒められて育つタイプのワタシ
あ・・・でも最近育つのはもっぱら腹回りだけ(TдT)

送ってくださった皆様に感謝です
ありがとうございました


私信

Chapくんの母B様
アドレスの記載お願いします

以前の連絡先使えないようです


ショートステイに行った時の素っ気無い歩夢の態度にね
預かりの身としては喜ぶことなんだけど
ちょっとさみしかったワタシにこれでいいのよと
背中押しクリック!

にほんブログ村



ペット(猫)
ブログランキングへ




続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
胃瘻パニック

胃瘻のネコを預かることになった
名前はななちゃん

酷い交通事故だったらしく
片目を失い残った片目も見えなくなった

顔もぐちゃぐちゃだったらしい

その顔で食べ物は食べられないので
胃瘻になった

顔が治ってクチからモノを食べ始めたら
胃瘻は外す予定だった

半年間入院して更に半年間シェルターにいたけど
胃瘻はそのまま

クチからモノを食べることを拒否したまま
(水も飲まない)

ネコは人間のような感情は持たないけれど
それでも
毎日見えない目で体に異物を取り付けられたまま
遊ぶこともなく一日をほとんど動かずに過ごすことが
彼女にとっては幸せなのだろうか

せめて食べることを思い出して欲しい

食べることを楽しんで欲しいと思うのです

そんなななちゃんのために
数多くの疾病ネコを抱えるシェルターではできない
少しだけ時間をかけてのケアをし

いつか
それでもうちのコにおなりと言ってくれる家族を見つけたい

胃瘻なんて簡単だから・・・といわれて
話だけ聞いて終わった昨晩から一夜明けて
初めてそれものっけからひとりでの介助に挑むワタシ

おっかなびっくり人生初胃瘻のチューブに流動食を流し込みました

チューブの先にある蓋を外して
でっかいシリンジをはめ込み
トロトロにした退院サポートを流し込むんだけど




ギューっと押し出した途端シリンジの押し出しが軽くなり
次の瞬間暴発したように退院サポートがそこら中に飛び散り
ななちゃんにも自分にも床にもとにかくそこら中に退院サポート

この成り行きを見守っていたイヌもネコも大喜びで舐め回してきて
そりゃもう大騒ぎ・・・

でもココらへんまではまだ冷静なワタシ
チューブにもしかして詰まった?

もっと冷静に考えれば
チューブの太さのほうがシリンジの入り口より太いので
チューブに塊が詰まるわけはない・・・(ーー;)

そこまで冷静でなかったワタシ
なんとかチカラで押し出してやろうじゃないかと
シリンジをさらに力いっぱい

・・・(( ̄ー ̄#)  フッ・・・

ご想像通り2度めの爆発

ここで若干パニクるワタシ

夕方歩夢の通院があるので一緒に連れて行って病院で診てもらうとして
それまでチューブに
ドロドロの退院サポートが入ったままの状態だったら
この暑さで腐るのではないか

頭に吹き飛んだ退サポつけたまま電話をして

取るものもとらず急遽病院に駆け込みシリンジが詰まった旨を伝えると

先生冷静に

ここにクリップがあって
チューブを挟んでいるのでここから先には行かなくて
詰まったようになっているんですね・・・と




真ん中の白いのがクリップ

言われるまでこれがクリップなんて思いもしなかったデス(・_・;)

クリップの押さえを外したら簡単に胃の中へと流れていく退サポ

先生にアホさ加減を見せつけてしまいました┓(´_`)┏


でも・・・せっかく連れてきたのでななちゃんもネッシンを検討していたので体験




最初は緊張していたけど
最期まで不機嫌にしっぽはブンブンと振り回しつつも




先生に頭ゴッチンと甘えたり




だんだんくつろぐ余裕さえ見せてくれました

ところで
ネッシンをすると不思議と分泌物が多くなるらしく

歩夢もよく涙目になったり鼻提灯を作ったりしていますが

ななちゃんも施術の途中からあおっぱなが出てきてた




歩夢より大きいせいかかなり立派な提灯

こんなモノが詰まっているんだったら
食べ物の匂いなんて嗅げないのではないだろうか・・・と思う

今日だけでもかなり排出できたので
それだけでもスッキリしたはず

うん(・_・;)

(若干パニクっていたけど)病院に連れて来ることになってよかったC=(^◇^;

今日のこの行動は無駄にならなかった!!
(ワタシ結構前向きな人)


かんじんな胃瘻のやり方はいまいちわからず
どなたかちゃんとしたケアの方法とか
ご存知でしたらご教示ください


ゆっくり覚悟をする時間

ヨン様相変わらずカリカリはキャットフードしか食べないけど
野菜は今まで食べなかったようなものも
その日その日で好きなものをチョイスして食べてます




もしも
あの何もクチにしない
無理やり経口給餌をしていた時にヨン様を亡くしていたら
ずっとずっと後悔していたはず




この時間は神様がヨン様ではなく
ワタシのために用意してくれた時間だと思うのです




今何も食べなかった時に比べたら
よく食べるしよく動く

智音(ちっと)とも仲良く戯れている

それでも体重は日々減っていってます

もう体重は量らないけど
抱いた時の重さが毎日毎日軽くなって
天使になって羽ばたく準備をしているのがわかります

この時間はゆっくりとヨン様と別れる覚悟をする時間

毎日ありがとうといい
毎日撫で
毎日大好きだよと伝えられる

ヨン様が残してくれた時間は貴重な時間

いつかその日が来たらきっとご苦労さまと言えるはず
その日まで続く大切な日々を過ごしています


参加者募集中

ご参加の皆様には連絡いたしましたが
明日28日のW・Sは台風のため中止となりました

28日中止のかわりに8月4日土曜日の開催をいたします
3名様延期での参加になりましたが
もう若干名参加者募集致します

仔ネコと一緒ハンドメイドなお茶会(ワークショップ)のお知らせ
→詳細はここをクリック

急遽ギリギリの募集で申し訳ありません
コメント欄より応募ください


ご報告

朝方巨匠ちびちびーず

ピカソ亡くなりました

亡くなる前の動きなどを動画で撮っていて
今日獣医師に見せたのですが

脳からくる異常な動き・・・であろう

と言う事しかわかりませんでした

解剖もしていませんし
解剖して原因が万が一わかったとしても
きょうだいにその結果を活かせるかは別の問題

ミルクはほとんど飲まなくて
少しずつでも飲ませた分は全て真っ白な便となり
鮮血を伴う血尿
ほぼ垂れ流し状態




昨晩の写真このときにはもう立つことはできなくて
静かに静かに寝続けてました

体を見ると飲まないので背骨は浮き出ているけど
お腹はポンポコリン

腹水があったのではないか
血尿から腎臓に問題??

すべて推測です

最近よくおとなしいネコ希望という声があります

仔ネコをミルク飲みから育てた経験のある方などには
共感してもらえると思いますが

仔ネコでおとなしいコはいません

おとなしいコは病気のことが多いです

(すべてのおとなしいネコが病気とはいいません
もちろん中には例外のコもいます)

ピカちゃんもとってもおとなしいコでした

ミルクの飲み方もがっついてないし
ジタバタ暴れなかった

仔ネコは元気で手を焼く生き物と認識して迎えてほしいです

ピカちゃん大きくしてあげられなくてゴメンネ

お空に届くようポチッとひとおし

にほんブログ村

台風に飛ばされないようにもうひとおし


ペット(猫)
ブログランキングへ


続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
しっぽと暮らす家更新しました

お題はガラスに着色できる塗料について・・・です

しっぽと暮らす家→ここをクリック

監督クビになる

うちのネコ達は飽きて飼い主がガタガタ作業しても
覗きに来る気配なし

大きな音はネコのストレスになります・・・って言うけど
例外もあると思う・・・(ーー;)


イビキカイテルシ(ー'`ー;)

代わりに動きが軽くなってストーカー度が増した健太郎
せっせと監督業に勤しんでくれます


でしょ~お気に入りの色なのよ
あまりにドンピシャにハマりすぎてホームセンターで
衝動買しちゃったのよね

使えてよかったC=(^◇^;


(ー'`ー;)ムムッ


ケンケンもうアッチ行っていいから


それ!壁紙に折れ線がつくから乗らないで
もっとアッチ


そこで見てて!コッチ来ない



ケンケン圧迫排泄の都合上ワタシがかがんで顔を近づけると
前足でぺちぺちと顔を触ってくるんです

ひっかきはしないのですが
ツメ切っておかないとチクチク刺さります

線を増やされないように爪切りをせねば・・

監督も職人も真面目に働き続けておりました
無事トイレットルーム完成

ポチッとご褒美が心より嬉しい


にほんブログ村

早く治りたい!こっちもポチッとお願い!

ペット(猫)
ブログランキングへ




続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
わかってはいたけれど
やっぱり一晩中わめいてくれた貫太郎(かんたろう)

うちのネコ達が尋常じゃないその声を聞いて
みんな怯えてそわそわ

別の部屋にしていてうちのネコ達はワタシといたけれど
落ち着かないせいで
みんなイライラして小競り合いも・・・(;_;)

鳴き声の音量にも波があって
最大音のときにはカンタの傍に行って
撫でたりしてはみるけれど

寂しくて鳴いている訳ではないので
撫でたところでおさまらない

おさまらないけど
これは逆に捉えれば
この興奮が脳の何らかの問題から起きている・・・

のではないかと
そうだったら薬で抑えられる可能性もある

と思える

そんな長~い夜が過ぎ
朝夫が起きてきてから入れ違いに
ベッドに潜り込んでとりあえず寝るワタシ

起きたら10時過ぎていて
昨晩からしていない健太郎の圧迫排尿だ!と抱いて連れてきたら
足をバタバタ

バタバタさせたらおしっこがオーバーフロー
ワタシも着ていた服もスリッパも床も
全ておしっこの洗礼を受けてしまった

ごめんケンタワタシが全て悪い

でもここでも悪いことばかりではない
全く動かなかった足がこれだけ動くようになってきたということは
足への神経の機能が若干でも戻ってきている可能性があるということ

と言う事はやっぱり鍼治療が効くかもしれない

あとは1回4000円という治療費との兼ね合いが
問題・・・いや・・・大問題

でも歩ける可能性があるのなら
歩かせてあげたいと思ってしまう

里親さんに渡すとしても
少しでもいい状態で渡してあげたほうが飼いやすいよね

何よりも本猫が楽だと思う

とりあえず床の掃除をして自分もオフロに入って
さてカンタはと見たらケージの中でグルングルン
転がっていた(;_;)

こういうことか

センターでは体中糞尿にまみれていて
手に負えないと言われた訳はw(ToT)w

その問題もあったけど
エイズ白血病の検査もしていなかったので
とりあえず歩いていけるけど普段は行かない近くの動物病院に
血液検査だけ頼めるか電話したら
今日は予約でいっぱいとの事だったので

かかりつけの病院に連絡をして
無理やりねじ込んでもらって

夕方母と一緒に
母の大事なネコムスコの幸音助(コースケ)も血尿がひどいので
(薬は飲ませて一度治まったのですがまた再発していた)
コースケとカンタと2匹連れて電車とバスを乗り継いで病院に

もうね
電車の中で申し訳無さでいっぱいでした

最大ボリュームで鳴き喚くカンタと
高くて可愛い声だけど鳴き続けるコースケの声が
響き渡る車内

バスの中ではこれではまずいと
布バッグタイプのキャリーで連れて行っていたカンタを
キャリーのファスナーを開けて手を突っ込んで撫でたり
口を閉じてもらったり(もちろん軽くです)

バス停3つがウソのように遠く感じました


バスを降りた時

ワタシ完全に油断していました

カンタ家では1歩も歩くことがなかったんです
ボク立てるけど歩けませんって感じでフラフラしてて

なのでキャリーのファスナーが少し開いていたんだと思います

ビビッとファスナーが開く音がして
前足が出て顔が出て一瞬のうちに

猛ダッシュでバス停隣の駐車場の車の下に入り込んだカンタ

車では男性が軽食をとっていましたので
外から会釈して(冷静を装って)
カンタの名前を呼んだら
車の真ん中あたりでうずくまって動く気配がなかったので
這いつくばって車の下に潜り込んで(車高がある車でよかった)
無事カンタ捕獲

あ~もう反対側に走り出さなくてよかった
心臓バクバクでした

病院ではまた歩けないボクを強調していました


診察台でも落ち着いていました


どこにも行かないけれど


ずっと大声で鳴き続けていたカンタ


途中ふっと電池が切れたようにおとなしくなったので見たら
ウトウトしているので


無理やりここで寝るな!
寝るならバスの中にしてと起こしました(^凹^;)

顔はごついけど何されてもなすがままのカンタ

カンタは帰宅してよく見ていたら

食事は自分でフードボールに顔を入れても
縁を舐めているばかりで口に入ってこない
水は飲もうとすると顔が沈んでしまって溺れてしまう
これではろくに食べられないからお腹もすくはず

カリカリは手ですくって口元に持っていってあげたら食べました
水はそのままでは舌を動かさない感じでしたので
スープを薄めて
(ケチな預かりおばちゃんは薄めて2回に分けてあげようと考えてます)
フードボールを口元に運んだら
舌を動かしましたので(空を切っていたけれど)
その舌の場所にうまく斜めにしてボールを持っていって飲ませて一件落着

これでお腹いっぱいになったことと
こんばんは寝てもらいたいので処方してもらったてんかんの薬
(安定剤の役割をなします)を飲ませたら
先程から静かになって30分見たら横になって寝ているし

息もしっかりとして問題なさそうなので
新聞屋さん来ちゃったしワタシも寝ることにします

ヘロヘロです

あ・・・でも
こんな一日でもいいことはちゃんとありました

健太郎が可愛すぎな件です

下半身麻痺の健太郎
後肢がバタバタと動かせるようなので
リハビリをしようと思ったのですが
ネコにリハビリって

さあ今からリハビリしま~すって言って始められるものではありません

お尻を引きずりながらでも歩いた時に
ひょっと腰を上げて後ろ足で立てるようにしたいのです
そうすると後ろ足が自然に歩くように出てきます

この後ろ足をひょっとあげるために
足まで入れられるパジャマを着せてみました


若干小さめだけどしょうがないあるもので我慢してね


多分生まれて初めての洋服だろうけど
違和感なしに着こなせます

これならばあるき出した瞬間にパジャマを掴んで
後ろ脚を立たせてあげられます

それにしても

なんと

かわいいではないのっ

ケンタ声も高くてか細くてかわいいんです

鳴き叫ぶだみ声のカンタとは大違い
(鳴きすぎて声が枯れていると思います)

名前呼ぶと


小さな声で答えるのがたまらない
もうメロメロです

甘えっ子だし性格もいい
犬には今日一日でシャーシャー言わなくなったし
うちの心の狭いネコ達に叩かれっても
決して反抗しないし


可愛すぎっ

圧迫排尿さえちゃんとすれば
こんなかわいくて手のかからないコいない

ああ~もう目があうたびに悶絶するワタシ

ネコの神様は辛いことばかりを押し付けるわけではありませんね
ちゃんとご褒美付きでやってきました

もうケンタに萌え萌えです

あ・・・
カンタも性格はいいです
ネコにもイヌにも問題なし・・・

と言うより自分しか今の彼の世界にはないと思います

きっと薬が効いたらいい男になるんじゃないかな・・・

こういう勘ってワタシ働くんです

さてカンタもまったくなく気配がないのでとりあえず寝ます

ポチッと応援いただけますと
それなりに頑張れます


にほんブログ村

こっちもポチッとにゃ!

ペット(猫)
ブログランキングへ


続きを読む

[文章を閉じる]
0tweets
ありがとうの気持ちを込めてお茶会

週末は今までご寄付や
里親になってくださった方をお招きしてのお茶会

今回はなんと嬉しいことに里親さんが
3名もいらしてくださいました

天音(あまね)の母様
愛優(あゆ)改めシモーヌの母様
ミルク改めくるみの母様
他の方もあわせて5名の参加でした

それから
なんとスペシャルゲストに


天音も参加してくれました

寿々音(すずね)大事大事に育てていた天音との再会


覚えているかなぁ


記憶の糸を必死に手繰り寄せているすぅさん


天音母様がサンキャッチャーを作っている間


天音すっかり忘れているだろう家でも
臆することもなく落ち着いていました


大切に飼ってくれているのがわかります
障害のあるなしは愛される資格には全く関係ない

天音を見ていると本当にそう感じます

あまちゃんは
あおいの隣でずっとご機嫌でした


小さい頃あおいといつも一緒でした

まさか1年以上も離れていたのに
こうして一緒にいることができるなんて

感激でした


両目が壊死するほどのウィルスに侵されながら
何度も何度も死の淵から蘇ってくれた天音を見ていると

どんなコでも幸せになれるんだなと
そう思います

そしてきっと
天音も飼い主のご家族を幸せにしてくれているはず

本当に嬉しい再会でした

ビクビクビックルだったクルミちゃんは
飼い主様には甘えっ子になったそうで

(写真はお借りしました)

そんな飼い主様のお話は勉強になり

シモーヌちゃんの話は・・・相変わらずと笑ってしまって
楽しい時間でした

ご参加くださった皆様
有り難うございました

クルミちゃんのブログはこちら→ここをクリック

あまちゃんのブログはこちら→ここをクリック


年齢なんか関係ないネコ

天音と同じく全盲の月子さん


体全体がふっくらしてきたこともあり
顔つきも穏やかになりました

以前は遠慮がちに甘えてきましたが
今は堂々と思いっきり自己主張をしてきます


写真ばっかり撮っていないで


抱っこしなさいよと文句を言います


見えないなんて思えないほどにいつも完璧なポーズ
年を感じさせないべっぴんさん

お年寄りのにゃんことは
穏やかで濃密な日々を過ごすことができます

高齢猫で新たなお家に迎えてもらった
神楽改めちよちゃんも
新しいお家で丸3年たってまだまだとっても元気だそうです


のんびりまったり


我が家にいたころはちょっとつり目だったのですが


大切にしてもらって格段に穏やかな顔つき


やっぱり預かりの身と
本当のおうちのコでは格段と違います

大切に預かってはいるけれど
やっぱり
どのコにも本当のおうちを見つけてあげたい

がんばります!


ワタクシゴト

このところ大掛かりになってしまった部屋の模様替えに伴う
大工仕事かその他の時間はずっとPC画面とにらめっこ

ネコが寄りかかっても安心なように
窓枠の内側のフェンスを探しているのです

こういったところに妥協できない性格なもんで
目がチカチカしながら毎日探しています

こんなのを窓の内側にはめ込もうかな・・・と

モダンエクステリアフェンス パラレル(端数(1枚)購入用)外構やお庭の仕切りに便利なゲート(門扉)もつくれるアイアンフェンス(アイアンフェンス・スチールフェンス・ガーデンフェンス)です。【カラー:ブラック】商品型番:ief-qx001t
価格:3900円(税込、送料別)(2017/3/2時点)

でも
毎日そう新しい情報が上がるわけではないので
いつも同じような画面見て
コレがあと10センチ低かったら!!
などといつも同じことを考えているんですよね

更に上のフェンスの取扱店
価格はそこそこで見栄えのいいものが揃っていて
ついつい見入ってしまって(^_^;)

とっても時間の無駄と思います┓(ー_ー)┏トホホ

無駄な時間を費やすなら
ブログ更新をしようと思っているんですけどね

・・・頑張ろっと


にほんブログ村

こっちもポチッとにゃ!

ペット(猫)
ブログランキングへ


続きを読む

[文章を閉じる]

スポンサード リンク
次のページ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望など、メールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
QLOOKアクセス解析
スポンサード リンク

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!